指輪サイズ直しと修理の問合せをしてみる

指輪のサイズ直し


指輪のサイズは着ける指に合わせて選びます。指のサイズ(太さ)は人によってかなり違います。太くて指の関節がゴツゴツしている人もいれば、とても細くて華奢な人もいます。また、指の太さは時間によって変化したり、体調や環境によっても変わります。

手や足ががむくんでいるときは、指も多少むくんでいることがあり、この時にリングサイズを測ると多少大きくなります。また、時の経過とともに体格も変わってくるので、太られた方は指の太さも太くなって指輪が合わなくなるようです。細くなった人はその逆で指輪が大きく感じられるようです。

クロムハーツのリング指輪を購入する時は、自分に合ったリングサイズの指輪を購入する必要があります。しかし、指の太さは時間とともに変化するので、例えば朝測ったら10号だったのに、夜測ると11号だったなどということがあり得るわけです。

リングサイズを測る場合は、日にちと時間帯を分けて、何回か計測して、その平均をとると一番着けやすいリングサイズになります。

しかし、きちんと計測した指輪も長い間付けていると、体型の変化によって指輪のサイズが合わなくなってきたり、指輪を着ける指をかえたくなったりして、指輪のサイズを変更する必要がでてきます。最近ではオークションで手に入れたブランド物の指輪を自分に合うサイズに変更する人や、プレゼントでもらった指輪のサイズ変更を希望する人も増えてきました。

>> 指輪のサイズ直し実例集を見てみる

最近では指輪を買う前に、指輪をサイズ直ししてもらえる業者にサイズ直しが可能かどうかを確認してから購入する人も増えています。特にブランド物の指輪は、さまざまな人に合うサイズが用意されているわけではなく、女性用だと、9号、11号、13号の3サイズのみとなっていたりします。

またブランド店の多くは販売しているサイズ以外は、サイズ直しもできないので、どんなに気に入っても購入しにくいようです。そういった場合、事前にブランドと品番から自分の希望のリングサイズにサイズ直しできるかを確認してからの購入を行うようです。オークションなどでもサイズ直し可能かどうかを確認してから入札を行う人もいるようです。

指輪は、すべてサイズ直しできるとは限りません。材質やデザインなどによってサイズ直しできない指輪もあります。サイズ直しできる指輪も制限なくサイズが変更できるかといえば、材質やデザインや細工などの有無によって変更できるサイズが決まります。

材質がピンクゴールドの指輪の場合、ほとんどのお店でサイズ直し不可としています。サイズ直しできるお店でも、1号分までしかできないお店がほとんどです。これはピンクゴールドがサイズ直しで生じる金属の変形で亀裂が入ったり折れたりするからです。

最近ではシルバー、ゴールド、プラチナ以外にも、チタン、ステンレス、タングステンなどの材質でできた指輪も販売されていますが、これらの材質でできた指輪はほとんどの宝石店ではサイズ直しをしていません。

タングステンなどはとても強く硬度はダイヤモンドに次ぐ硬さです。金属アレルギーを起こさないでとても強いということで販売されていますが、指輪が抜けなくなるととても危険です。通常のリングカッター(指輪を切る専用の道具)では切ることができません。宝石店で切ることもできない指輪はサイズ直しができないだけでなく、万が一の場合も考えてから購入を検討してください。

>> 指輪のサイズ直し実例集を見てみる


指輪サイズ直しの方法


指輪のサイズ直しやリフォームなどを依頼する場合は、事前に費用や修理期間以外にサイズ直しや修理するときのデメリットや注意点を確認しておくことが大事です。アクセサリーの修理は、車の修理みたいに修理箇所をペンキで分からないようにできません。地金によっては、大幅なサイズ直しができず、無理をしてサイズ直しすると、亀裂が入ったり、折れたりすることもあります。

これは、職人の技術だけの問題ではなく、指輪に修理前から目に見えないほどの亀裂が入っていたり、「ス」という鋳造する時に生じた空洞が指輪の内部にあったことが原因の場合があります。この「ス」は、外から見える場合は、不良品として製造後にはねられるわけですが、内部にある「ス」を発見することは難しいため、そのまま流通してしまいます。

ぶつけたりして強い力がかかった時などに折れることもありますが、ていねいに扱っているぶんには、問題なく使えます。しかし、サイズ直しする場合、切断、接続する時点で力が加わったり、高熱になることで、「ス」から亀裂がはいり、折れてしまいます。折れた部分が、宝石が留まっている部分や何かの加工が入ってる部分だと、もとにもどすことが難しい場合があります。

>> 指輪サイズ直しの方法の詳細


指輪サイズ直しの料金


指輪のサイズ直し/アクセサリーの修理実例集」では、指輪のサイズ直しでもクロムハーツやティファニーなどのシルバーアクセサリーから、ゴールド・プラチナジュエリーまでリペア・リフォームを専門にしています。

指輪のサイズ直しやネックレス・ブレスレットの切れ直しなど、アクセサリー修理の実例を写真入りで説明しています。シルバーアクセサリーの修理などの問合せが気軽にできますので、指輪のサイズ直しやリフォームや修理について疑問がある方は、問い合わせしてみてはどうでしょうか。

>> 指輪サイズ直しの料金の詳細



指輪サイズ直しの期間


指輪は、デザインや素材、表面加工などによって、サイズ直しにかかる工程や期間が違います。シンプルなデザインのゴールドやシルバーなどのリングであれば、実質的には1日ほどあればできる作業ボリュームです。しかし、サイズ直しにかかる工程が多くあると、時間がかかることがあります。また工程によって作業場所や職人が変わることで、その受け渡しなどの時間も含めると、一週間から10日ほど必要な場合があります。

非常に多くの修理品を扱う業者、時間的に余裕のあるお店によっても、かかる期間が変わります。また繁忙期(クリスマスや年末など)には、余分にかかる場合があります。サイズ直しの依頼を行う場合には、事前にどの程度作業期間がかかるかを確認しておきましょう。

>> 指輪サイズ直しの期間の詳細


リングサイズの測り方


リングサイズを正確に測るには、専用のリングゲージを使います。通常ジュエリーショップや宝石店などにあります。リングゲージを使わずにひもや紙テープなどで測る方法もありますが、誤差が出やすいので、指輪のサイズ直しを行う場合には、正確なサイズが測れるリングゲージの使用をおすすめします。

>> リングサイズの測り方の詳細

指輪サイズ直しの注意点


指輪をサイズ直しする場合には、事前に次のことを準備しておくことが必要です。
1.自分の指のサイズと指輪のサイズを測っておく。
2.指輪の状態を確認しておく。
そして、指輪のサイズ直しを依頼する時の注意点として、依頼する指輪の材質や石留めの有無や仕上げなどをきちんと説明することで、サイズ直しの可否と正確な見積りが提示してもらえます。

>> 指輪サイズ直しの注意点の詳細