ピンクゴールドリングのサイズ直し


ジュエリーショップなどで市販されているゴールド製品のほとんどは、金と他の金属の合金でできています。ゴールドにシルバーや銅などを加えて合金にしたものをゴールドジュエリーとして一般的に呼ばれています。この金の割合によって18金ゴールドや14金ゴールドなどと金の品質を表します。この金の割合は24分率で表されるので、金100%は24金、金75%が18金となっています。

また、金製品は金にまぜるシルバーや銅など他の金属の割合を変えることで色合いが変わり、ホワイトゴールドやシャンパンゴールドなど、カラーゴールドとして販売されています。以下は一般的なカラーゴールド製品の割合です。

18金イエローゴールド 金(75%):シルバー(12.5%):銅(12.5%)
18金ピンクゴールド  金(75%):シルバー(7.5%):銅(17.5%)
18金ホワイトゴールド 金(75%):パラジウム(20%):シルバー(5%)

ピンクゴールドは、銅の配合量を増やした金合金です。新品の10円玉を思い浮かべてもらえば分かるように、ピンクゴールドのピンク色は、銅によって表されています。一般的に販売されているのは、18金ピンクゴールドの他に14金ピンクゴールドや10金ピンクゴールドも販売されています。

ピンクゴールドの特徴

ピンクゴールドは銅の配合量が多いため、他の同割合の金製品より変色しやすい金属です。それはゴールドが変色しているのではなく、銅が変色することでピンクゴールド全体が変色しているようになるものです。

また、銅は固い金属なので、銅の配合量の多いピンクゴールドも他のゴールド製品と比べて硬い金属になります。それは強度面から言えばいいことですが、サイズ直しを考えるとデメリットになります。つまり大幅なサイズ直しを行う場合、あまりリングに力を加えると折れてしまうことになります。多くのジュエリーショップではピンクゴールドのサイズ直しは断られるかもしくは、1号か2号以内までしかサイズ直しできないなどの制限が設けられています。

女性には人気のピンクゴールドなんですが、「変色しやすい」ことと「サイズ直ししにくい」ことなどのデメリットがありますので、購入する時には事前に注意が必要です。