指輪サイズ直し

ロンワンズ

ロンワンズの指輪サイズ直し

(公開: 2013年05月09日 更新: 2013年05月15日)

デザインナーのLEONARD KAMHOUT(レナードカムホート)は、クロムハーツ創設者の一人であり、その後レナードカムホートを創立し、瞬く間にシルバーアクセサリー界のトップブランドになりました。2008年にLone Ones(ロンワンズ)と改名し今に至ります。メインのモチーフの鳥やベルなどの美しいデザインが多くの人たちから人気を得ています。
ロンワンズの指輪サイズ直し


ジャスティンデイビス

ジャスティンデイビスの指輪サイズ直し

(公開: 2013年05月09日 更新: 2013年05月15日)

ロイヤルオーダーのデザイナーを経て、その後独立を果たしたジャスティン・ディビスは、クラウンやティアラをベースにしたデザインのシルバージュエリーが男女を問わず人気のブランドです。貴石や半貴石をを多用してゴージャス感をだしたデザインは有名ミュージシャンなどからも愛用者が多いブランドです。
ジャスティンデイビスの指輪サイズ直し


カルティエの指輪

カルティエの指輪サイズ直し

(公開: 2013年05月08日 更新: 2013年05月14日)

cartier(カルティエ) はジュエリー・時計など、フランスを代表する高級ブランドです。カルティエの代表的なトリニティリングは、愛を表すピンクゴールド、友情を表すホワイトゴールド、忠誠を表すイエローゴールドの3色のゴールドを組み合わせたリングです。
カルティエの指輪サイズ直し


リングサイズの測り方

(公開: 2013年05月05日 更新: 2013年05月15日)

リングサイズの測り方


指のサイズは、リングサイズゲージという専用のゲージを使って測ります。宝石店やアクセサリーショップなどで指輪を購入する時に測ってもらえます。また安いものであれば2,000円程度で売っていますので、指輪をたくさん購入する方は、ひとつ持っていてもいいかもしれません。
リングサイズの測り方


指輪サイズ直しの注意点

(公開: 2013年05月04日 更新: 2013年05月15日)

指輪サイズ直しの事前準備


1.自分の指のサイズと指輪のサイズを測っておく

指輪のサイズ直しを依頼する時には、現在の指のサイズと指輪のリングサイズを確認しておく必要があります。
指輪サイズ直しの注意点


指輪サイズ直しの期間

(公開: 2013年05月03日 更新: 2013年05月13日)

指輪サイズ直しにかかる期間


指輪のサイズ直しには、時間がかかる場合があります。整った設備や各工程の職人が揃ったショップであれば、タイミングによって早くできることもあります。 指輪サイズ直しの期間


指輪のサイズ直し料金

(公開: 2013年05月02日 更新: 2013年05月21日)

指輪のサイズ直し料金


指輪のサイズ直しの料金は、指輪の素材やデザインなどによって大幅に変わります。サイズ直し料金を左右する項目は以下の項目です。
指輪のサイズ直し料金


指輪サイズ直しの方法

(公開: 2013年05月01日 更新: 2013年05月21日)

指輪にはさまざまなデザインや素材のものがあって、サイズ直しすることができる指輪であっても、サイズを変えるのには、その指輪にあった方法をとることが必要です。単純に切断後に調整して接続するだけではできない指輪も多くあります。職人は指輪ごとにサイズ直しができるかどうかの確認と、できる場合にはどの方法が適切かを判断することになります。
指輪サイズ直しの方法


ピンクゴールドリングのサイズ直し

(公開: 2013年04月01日 更新: 2013年05月16日)

ジュエリーショップなどで市販されているゴールド製品のほとんどは、金と他の金属の合金でできています。ゴールドにシルバーや銅などを加えて合金にしたものをゴールドジュエリーとして一般的に呼ばれています。この金の割合によって18金ゴールドや14金ゴールドなどと金の品質を表します。この金の割合は24分率で表されるので、金100%は24金、金75%が18金となっています。

また、金製品は金にまぜるシルバーや銅など他の金属の割合を変えることで色合いが変わり、ホワイトゴールドやシャンパンゴールドなど、カラーゴールドとして販売されています。以下は一般的なカラーゴールド製品の割合です。

18金イエローゴールド 金(75%):シルバー(12.5%):銅(12.5%)
18金ピンクゴールド  金(75%):シルバー(7.5%):銅(17.5%)
18金ホワイトゴールド 金(75%):パラジウム(20%):シルバー(5%)

ピンクゴールドは、銅の配合量を増やした金合金です。新品の10円玉を思い浮かべてもらえば分かるように、ピンクゴールドのピンク色は、銅によって表されています。一般的に販売されているのは、18金ピンクゴールドの他に14金ピンクゴールドや10金ピンクゴールドも販売されています。

ピンクゴールドの特徴

ピンクゴールドは銅の配合量が多いため、他の同割合の金製品より変色しやすい金属です。それはゴールドが変色しているのではなく、銅が変色することでピンクゴールド全体が変色しているようになるものです。

また、銅は固い金属なので、銅の配合量の多いピンクゴールドも他のゴールド製品と比べて硬い金属になります。それは強度面から言えばいいことですが、サイズ直しを考えるとデメリットになります。つまり大幅なサイズ直しを行う場合、あまりリングに力を加えると折れてしまうことになります。多くのジュエリーショップではピンクゴールドのサイズ直しは断られるかもしくは、1号か2号以内までしかサイズ直しできないなどの制限が設けられています。

女性には人気のピンクゴールドなんですが、「変色しやすい」ことと「サイズ直ししにくい」ことなどのデメリットがありますので、購入する時には事前に注意が必要です。